前へ
次へ

暗記中に考えるべきこと

暗記を行う場面はたくさんあります。
学生の立場から考えていけば、勉強を行う時はもちろ試験前などは勉強を頑張る必要があるため、暗記を行います。
また社会人においても必要な能力で、仕事での作業に対する記憶や、資格勉強時にも同じように記憶する力が必要となります。
そこで、これから効率よく知識を身に付けていきたいと考えている方いらっしゃるのであれば、勉強するスタイルというものを知っておかれるといいかもしれません。
まず勉強する際にノートを取るという方もいます。
ノートを取ることで覚えることを整理することができますが、ただ単にノートを取り、見直さずに終わってしまうという方もいらっしゃいます。
それだとノートの効力を全く発揮できていませんので、そのような方の場合暗記とノート書き込みを結びつけることができません。
そこで、最も効果的な方法としては、頭で考えて覚えることを意識しましょう。
ノートに取る際、対象物を書き込む際に思考停止した状態で書き込んでいては頭に定着させることができません。
そのため、もしもノートの書き込みを行うという時には、書き込む内容がなぜ書き込む必要があるのか、どのような内容を書き込んでいるのかを意識して書き込むようにしましょう。
頭で考えるようにすれば、一度頭の中で意識したことが残りますし、再度思い出そうとしたときに思い出しやすい状況を作れます。
またノートに書きこむのであれば、声に出しながら書き込んでいかれるといいでしょう。
目で見ることや手で書くこと、その他にも複数の手段を同時に行い書き込むときの情報を増やしていけば、その分多くの集中力の中で対象物を意識します。
何度も意識せずに文字を書くよりも効果的ですので、以上のような対策を一つの方法としていかれるといいかもしれません。
試験前など短い時間で勉強する必要があるというときに暗記を重点的に行うのであれば、頭を働かせるために、腕や口、その他動かせる部分を活用していきましょう。

ペーパードライバー 名古屋

東京銀座のRiNGOSEIKA

コラム|売上を上げる完全成果保証のネット集客サービスならWEBセールス
ネット集客のメリットをご紹介します

心地良い音を届けられるレコードを製造

Page Top